Copyright (C) 2001-2012 NIKKO FINES INDUSTRIES Co.,Ltd. All rights reserved
レストレイナーのフック修理方法
  『フックが折れてしまった』 または、『抜け落ちてしまった』 場合のフック交換修理の手順を掲載いたしました。
  交換修理を行なう際には、この手順を参考に作業をしてください。
『フックが折れてしまった』場合には、@の写真をクリックしてください。
『フックが抜け落ちてしまった』場合には、Aの写真をクリックしてください。
  この作業では、充電ドリル・ハンマー等を使用致しますので、手指など傷つけぬよう充分注意して作業を行なってください。 
1) 充電ドリルの詳しい取り扱い方は、その製品の「取扱説明書」をご覧ください。
@折れてしまった場合
A抜け落ちてしまった場合
レストレイナー
会社案内
サービス
FAQ
製品案内
ようこそ
連絡先
  また、接着剤は「有機溶剤」です。
1) 火気のある場所では絶対に修理を行わないでください。
2) 換気には十分に注意し、大量に吸い込まないように行ってください。
3) できるだけ皮膚にふれないように注意して取り扱ってください。
4) 目に入った場合は、多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
5) 飲み込んだ場合は、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
◎ なお、当社工場でも、修理(有償)を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。